スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | --/--/-- --:--



2013年夏、鞆の浦、尾道、因島

今年も帰省して来たよ。
でも気づいたらもう9月じゃねぇ。
夏も終わりじゃ、さみしいのぉ。



今回は隣街の福山の鞆の浦に行って来たわ。
鞆の浦いうたら、日本一癒される漁港と言われ、ポニョの舞台にもなったとこよ。



この辺の漁港の街並みはどこもよう似とるんじゃが、鞆の浦は昔の建物もようけ残っとって、まぁホンマに癒されるんよ。



美味しいもんも、ようけあるよ。
この日は欧風亭さんでランチを頂いて、温泉に入りました。
欧風亭さんは、ランチを頂くと瀬戸内海の景色が最高にエエお風呂にただではいれるんよ。お薦めじゃ!!

ほんで尾道に帰って、御袖天満宮。



ここは、映画転校生て使われたとこよ。
ロープウェイ乗り場から、ちょっと行ったとこよ。



偶然見つけた変なオブジェ!!
なんか尾道らしい。





ここは、因島大浜海水浴場。
プールも隣接されとって、帰省中はほぼ毎日行くんよ。
こうな綺麗な海が、しまなみ海道で片道30分で来れるんよ。なんとも贅沢!!

また、来年も来るけぇね。待っとってよ!!
スポンサーサイト



尾道の名所 | コメント(7) | トラックバック(0) | 2013/09/16 12:23



2012年、尾道夏

恒例の夏休み尾道帰省。

今回も毎度ながらのとけー行って来たわ。
何べん行っても飽きんし、また行きとうなるんよ。

ほなら、行ってみようか!



まずは、なんじゃ言うてもシューさん(朱華園)のラーメンよ。
やっぱりワシはこれが一番じゃ!
博多も、つけ麺も、支那ソバもええが、やっぱりこれじゃ!







昭和か、大正か、完全にタイムスリップしてしまうようなこの空間は、猫の細道を上がったところにある「絵本の館」いうとこよ。
築50年は経とうかという風格の木造の古民家を改装して、古い絵本をようけ置いて、開放しとるんよ。

窓からは、ザ・尾道な風景が見下ろせて、もうホンマに浮き世離れしとるで。
時間が何時からか止まってしもうたような気にさせてくれるわ。
空気が違う言うんは、こういう事を言うんじゃね!!
ホンマ、映画の中にでも入ってしもうた気になるわ。

ここを運営しとるんは、芸術家の園山春二さん言う方で、イーハトーブ尾道いう活動をしとる方らしいわ。
いわゆる、芸術で街と人を縁で繋げて街を活性化させよう言う活動らしいわ。
http://ihatov.in/

猫の細道、福石猫なんかもこの方の仕掛けじゃね♪



ここが、猫の細道。そこかしこに園山さんが作った福石猫いう石で出来た置物が置かれとって、野良ちゃんもようけおるんよ。
ここでは、この猫ちゃんらがご主人様じゃけえねえ。



ここは、ブーケダルブルさん言うカフェよ。
ブーケダルブル言うたら、多分フランス語よね?
ほんで、ハーブティーがあったり、エスプレッソがあったり、ほんでまた昭和の古民家を改築したええ感じの建物で、今どきの若い可愛いらしい子が働いとるんよ。

いやもう、ごちゃ混ぜよ!!

でもそれがブチええ感じにマッチしとるんよ。
言えるんは、全てがなんか尾道なんよ!!



ここは、天寧寺の脇の細道。
遠くには尾道大橋が望める絶好のポイント。

若いカップルが尾道観光に来とったわ。
今じゃあ、デートスポットに尾道はなっとるんじゃね!
ワシが若い頃では考えられんわ。

しかし、ここは絵になるわ!

絵の街尾道→絵になる街尾道



ロープウェイで千光寺山の山頂に行くと昭和を感じさせてくれる展望台があるんよ。
ここの二階が食堂になっとって、色んな尾道のもんが食べれるんじゃが、今回面白かったんが19種類もあるソフトクリーム。
はっさく、ミカン、さくら…
瀬戸内の柑橘類を使うたもんがようけ事あったわ。
アナゴ丼とかもたべれるで。
ええ景色を眺めながら、涼しいとこで食事もええじゃろう。





尾道いうたら、この景色じゃろう!
展望台の上からのショットよ!

遠くには四国もみえるんで!



ロープウェイ乗り場の脇にある「COMMONコモン」さんで美味しいワッフルを頂きます。
コモンさんは、大林宣彦監督も必ず訪れるという美味しいお店です。

朱華園→猫の細道→千光寺→ロープウェイ→コモンでワッフル
これが、半日尾道観光王道コースです。

この後、タイル小道や御袖八幡宮も行きたかったけどアンマリにも暑うてギブアップじゃった。

ホンで夜は、これまた尾道スペシャルソウルフード「鉄板焼 石亭」さん。

IMG_0084.jpg

尾道で50年あまり続く鉄板焼き屋さん。
尾道の子は、みんなここで腹いっぱい食べて育ったはずよ。
誕生日、入学式、お祝いは全部ここ。
まあ、安うて旨いんよ!

IMG_0082.jpg

ビールにアテは、3Lサイズの玉子を2個使ったシンプルな玉子焼き。これがこの使い込んだ鉄板で焼くとミョウに旨い!
シズル感、タイミング、オバちゃんの絶妙な会話と笑顔・・・

IMG_0081.jpg

これが一人前の「石亭焼き」¥1800。
一人前いうても大人二人で腹いっぱい。

IMG_0083.jpg

それに大好きな、イカ焼きと海老焼きをトッピング。各¥700

玉子に巻かれとるんがイカ焼き。

これらあを特性のチョイお酢が効いたタレで食すんじゃ。

いやあ、今回も尾道ご馳走様。



尾道の名所 | コメント(0) | トラックバック(1) | 2012/08/20 09:30



猫の細道、園山春二、招き猫美術館、SAKA Bar、イーハトーヴ、ブーケ・ダルブル、小さな森の絵本館、絵の街尾道

行きたいとずーっと思うとった「猫の細道」にやっと行ってきたよ。

いやあ、良かったよ。癒された、ホンマに時間が止まっとったよ。

猫の細道いうたら、Sonyのカメラのコマーシャルで北川景子さんが、出とったとこよ。あれもええCMじゃったねえ。
グレーの「a Boy あの時を忘れない」をJuJuが歌うBGMが尾道によう合うとったわ。

猫の細道?以下、http://allabout.co.jp/gm/gc/219162/より抜粋
///////////////////////////
尾道には1000匹以上の猫が住んでいます。大小のまるい石の猫たち。あるものは民家の屋根の上に身をひそめ、あるものは草むらに紛れ、あるものはうたた寝をするようにしてカフェの店先に。

「福石猫」と呼ばれるこれらの猫の産みの親は、梟の館の主人、園山春二氏。1998年、自然の丸石888個にひとつずつ表情の異なる猫の絵を施し、尾道に福がやってくるようにと艮(うしとら)神社でお祓いをしてもらって町のあちこちに設置したのです。その後も猫は増え続け、現在では1000匹以上!

福石猫たちは1匹ずつ名前を持っています。これは全国から名前を募集したもので、8月8日に尾道のあちこちに福石猫が登場すると、名づけ親たちが自分の福石猫を探しに尾道を訪れるなど大変な人気を呼びました。
///////////////////////////

猫の細道へは、尾道駅から商店街を長江口まで行き、ロープウェイのり場へ

CIMG1973.jpg

本通商店街

CIMG1975.jpg

国道2号線のロープウェイのり場入り口

CIMG1999.jpg

ロープウェイのり場

このロープウェイのり場を左に曲がって、道なりに千光寺まで登っていく小道が猫の細道と言われています。

では、「猫の細道」の御紹介。

CIMG1884.jpg

CIMG1889.jpg

細いのぼり坂を登り始めるとすぐに、道端に福石猫や、猫のイラストが出迎えてくれます。

CIMG1882.jpg

CIMG1883.jpg

CIMG1888.jpg

CIMG1935.jpg

福石猫を創られている園山春二さんの作品を展示、販売されている「招き猫美術館」があります。

CIMG1890.jpg

宮沢賢治の看板がかかった「SAKA Bar」
シャレとるねえ!こんな店でウィスキーでも飲んだら美味しいんじゃろうねえ。

CIMG1891.jpg

宮沢賢治と尾道いうんは、関係ないんじゃが、アーティスト園山春二さんが追い求める理想郷を「イーハトーヴ」と呼んどるそうなんよ。
それはアート、町、人を縁で繋ぎ、独自の感性で創造する空間で、尾道を手始めに活動を始め、沖縄、バリ等、第2、第3のイーハトーヴ構想が進んどるらしい。

ほんで、この「イーハトーヴ」言う言葉は宮沢賢治がエスペラント語風に作った造語で、「岩手」という意味らしい。
宮沢賢治の世界観と尾道がマッチするんでそう名付けたらしいんよ。

以下、「IHATOV 尾道スローライフ」より引用
/////////////////////
宮沢賢治は花巻の人で、尾道に縁はありません。でもお店のコンセプトは当初から『宮沢賢治』なんです。と言うのも、ふいに現実の世界から物語の中に迷いこむ、という宮沢賢治の世界観が、尾道山間のおとぎ話のような雰囲気とよく一致していて。
もちろん私個人も宮沢賢治作品のファンですよ。この夜の雰囲気を一度でも味わってもらえば、なぜ宮沢賢治なのかが何となく分かって頂けるかと思います。
/////////////////////

その上をちょっと行くと、まあエエ感じのカフェがあったんよ!
ホンマに最高のロケーションで、最高の雰囲気じゃった。時間が止まっとるようじゃった。
尾道に行ったら絶対にここに来て、景色を長めなら美味しいオーガニックのドリンクを飲んでね。

ここは、特別に動画で御紹介じゃ!

アンティークカフェ「ブーケ・ダルブル」さん

http://youtu.be/o_W-pXkhm4Q

CIMG1900.jpg

ブーケ・ダルブルさんの店内

CIMG1901.jpg
ブーケ・ダルブルさんの店内

CIMG1902.jpg

ブーケ・ダルブルさんの店内

この他、この小道には、古民家を再生した素敵なお店が数点あるらしいです。
CIMG1944.jpg

CIMG1945.jpg

ほんでまた、このブーケ・ダルブルさんのとなりに「小さな森の絵本館」いうんがありました。
これまた、古民家を再生したブチええ感じのとこじゃった。

CIMG1931.jpg
右側の小屋が、小さな森の絵本館

CIMG1923.jpg

たくさんの絵本が展示されています。

CIMG1921.jpg

内装もかわいい絵が描かれてたり、懐かしい家具があったり・・・

CIMG1922.jpg

マドからは、尾道の景色がバッチリ!おいちゃんもタソガレとる。
こりゃ、夜もエエじゃろうねえ!住吉花火祭りの時は最高じゃろうねえ。招待してくれんかのお(笑)
いや、ホンマにこの「尾道イーハトーヴ構想」にわしもなんか参加できんかのお?仲間になりとうなったわ!

もちろん、この小道には元々猫が多く住み着いてるみたいです。この日も可愛い姿を見せてくれました。

CIMG1916.jpg

CIMG1941.jpg

CIMG1948.jpg

この日は、空模様が不安定でそのうちに結構な雨が降り始めました。
でもねえ、尾道は雨がよう似合うんよ。
「絵の街尾道」は、なんでも「絵になる街」なんよ。

CIMG1950.jpg

CIMG1951.jpg

CIMG1953.jpg

CIMG1954.jpg

CIMG1955.jpg

ながながと、お付き合いありがとうね。
猫の細道の御紹介でした。






尾道の名所 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/03/12 17:01



白い砂浜、青い海、瀬戸内海の名所

因島の大浜海水浴場



綺麗ですよ。

瀬戸内海は、この20年で蘇りましたね。

正直ワシが子供の頃は、冗談にも綺麗な海とは言えんかったねえ、でも今はホンマに綺麗よ。

瀬戸内海は元々砂浜は綺麗じゃけえねえ。

ここに、この夏休みは3日連続で行きました。

いやあ、瀬戸内海の風景にはホンマに癒されるんよ。

みなさん一回来て見てエ。



尾道の名所 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/08/19 00:31



 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。