スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | --/--/-- --:--



2012年、尾道夏

恒例の夏休み尾道帰省。

今回も毎度ながらのとけー行って来たわ。
何べん行っても飽きんし、また行きとうなるんよ。

ほなら、行ってみようか!



まずは、なんじゃ言うてもシューさん(朱華園)のラーメンよ。
やっぱりワシはこれが一番じゃ!
博多も、つけ麺も、支那ソバもええが、やっぱりこれじゃ!







昭和か、大正か、完全にタイムスリップしてしまうようなこの空間は、猫の細道を上がったところにある「絵本の館」いうとこよ。
築50年は経とうかという風格の木造の古民家を改装して、古い絵本をようけ置いて、開放しとるんよ。

窓からは、ザ・尾道な風景が見下ろせて、もうホンマに浮き世離れしとるで。
時間が何時からか止まってしもうたような気にさせてくれるわ。
空気が違う言うんは、こういう事を言うんじゃね!!
ホンマ、映画の中にでも入ってしもうた気になるわ。

ここを運営しとるんは、芸術家の園山春二さん言う方で、イーハトーブ尾道いう活動をしとる方らしいわ。
いわゆる、芸術で街と人を縁で繋げて街を活性化させよう言う活動らしいわ。
http://ihatov.in/

猫の細道、福石猫なんかもこの方の仕掛けじゃね♪



ここが、猫の細道。そこかしこに園山さんが作った福石猫いう石で出来た置物が置かれとって、野良ちゃんもようけおるんよ。
ここでは、この猫ちゃんらがご主人様じゃけえねえ。



ここは、ブーケダルブルさん言うカフェよ。
ブーケダルブル言うたら、多分フランス語よね?
ほんで、ハーブティーがあったり、エスプレッソがあったり、ほんでまた昭和の古民家を改築したええ感じの建物で、今どきの若い可愛いらしい子が働いとるんよ。

いやもう、ごちゃ混ぜよ!!

でもそれがブチええ感じにマッチしとるんよ。
言えるんは、全てがなんか尾道なんよ!!



ここは、天寧寺の脇の細道。
遠くには尾道大橋が望める絶好のポイント。

若いカップルが尾道観光に来とったわ。
今じゃあ、デートスポットに尾道はなっとるんじゃね!
ワシが若い頃では考えられんわ。

しかし、ここは絵になるわ!

絵の街尾道→絵になる街尾道



ロープウェイで千光寺山の山頂に行くと昭和を感じさせてくれる展望台があるんよ。
ここの二階が食堂になっとって、色んな尾道のもんが食べれるんじゃが、今回面白かったんが19種類もあるソフトクリーム。
はっさく、ミカン、さくら…
瀬戸内の柑橘類を使うたもんがようけ事あったわ。
アナゴ丼とかもたべれるで。
ええ景色を眺めながら、涼しいとこで食事もええじゃろう。





尾道いうたら、この景色じゃろう!
展望台の上からのショットよ!

遠くには四国もみえるんで!



ロープウェイ乗り場の脇にある「COMMONコモン」さんで美味しいワッフルを頂きます。
コモンさんは、大林宣彦監督も必ず訪れるという美味しいお店です。

朱華園→猫の細道→千光寺→ロープウェイ→コモンでワッフル
これが、半日尾道観光王道コースです。

この後、タイル小道や御袖八幡宮も行きたかったけどアンマリにも暑うてギブアップじゃった。

ホンで夜は、これまた尾道スペシャルソウルフード「鉄板焼 石亭」さん。

IMG_0084.jpg

尾道で50年あまり続く鉄板焼き屋さん。
尾道の子は、みんなここで腹いっぱい食べて育ったはずよ。
誕生日、入学式、お祝いは全部ここ。
まあ、安うて旨いんよ!

IMG_0082.jpg

ビールにアテは、3Lサイズの玉子を2個使ったシンプルな玉子焼き。これがこの使い込んだ鉄板で焼くとミョウに旨い!
シズル感、タイミング、オバちゃんの絶妙な会話と笑顔・・・

IMG_0081.jpg

これが一人前の「石亭焼き」¥1800。
一人前いうても大人二人で腹いっぱい。

IMG_0083.jpg

それに大好きな、イカ焼きと海老焼きをトッピング。各¥700

玉子に巻かれとるんがイカ焼き。

これらあを特性のチョイお酢が効いたタレで食すんじゃ。

いやあ、今回も尾道ご馳走様。
スポンサーサイト



尾道の名所 | コメント(0) | トラックバック(1) | 2012/08/20 09:30



 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。