スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | --/--/-- --:--



第122回、東京に来い、ホッとした、尾道流・広島流お好み焼きの違い、今後の展開

122_01.jpg

民男君:
何や、東京に来い言われたんちゃうんか?

おっ、これは今後の展開を暗示しとるんじゃないか?
この後、東京行って音楽やるんじゃないんか?
どうかのお?どうなるんじゃろうか?

---

122_02.jpg

鉄平:
なんか無理しとるような気がするけどのお。
ホッとしたんは、あかりじゃのうて、お父ちゃんらの方じゃないん?

ほうじゃのお、そうかもしれん。
そりゃ、やっぱりさっぱりはしとらんよ、あかりは。

ところで、鉄平はパーマあてたねえ。

---

122_03.jpg

ほうか、冬美さん勝負したんじゃ。

思い切って勝負すりゃあ、エエことあるんじゃねえ。

わしも勝負せにゃあイケンのお。

---

122_04.jpg

これは実は「尾道流」のお好み焼きではないんよ。これは「広島流」なんよ。

言いとうなかったんじゃけど、言おうかのお。

「尾道流」と「広島流」の最大の違いは、ひっくり返す前に「尾道流」は上からきじ(小麦)をたらすんよ。お玉でエエ具合に、散らすように撒いていく感じよ。

これねえ、実は結構しらん人多いんよ。もちろん尾道じゃあ当たり前じゃけど。

大阪流は、所謂ごちゃ混ぜにして一体にするじゃろう、広島流は重ねてきじと玉子で挟むいう感じじゃろう。
故に、大阪流は「きじ」を楽しむ感じで、広島流は素材を楽しむ言う感じなんよ。

尾道流はその中間いうことなんよ。
きじを素材の上からもかけるけえ、きじもたっぷり、ホンで混ぜくらんけえ素材の味も十分楽しめるんよ。

食感も、広島流じゃったらテコで持ち上げた時にバラバラになろう?でも尾道流はきじで止まっとるけえ、一体感があるわけよ。

きじで固めとるけえ、もちろんボリュームもあるんよ。ほんで食べやすい。

尾道のお好み焼きは大阪と広島のエエとこ取りなんよ。

いやあ、言いとうなかったけど言うてしもうた。

尾道のお好み焼きが食べとうなったろう!みんな尾道に行こう!!

いつか、わしがお好み屋やる時まで、内緒じゃったんじゃが言うてしもうたのう(笑)!
何年、何十年先かのお?

---

122_05.jpg

あかり:
びっくりでした。こんな事あるんじゃって。

やっぱりなんか、寂しそうじゃのう。

こりゃまた展開があるのう。



第22週「残されたもの」 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/02/21 17:27



コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。