スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | --/--/-- --:--



第74回、尾道の雑煮

74_01.jpg

ほお、尾道の雑煮じゃね。

でも、我が家のはちょっと違うんよ。

まず、出汁はイリコと昆布です。鰹は使いません。

味付けは、ほぼ濃い口醤油のみです。

野菜もたくさん入るし、アナゴの蒲焼、そして河豚の干物が入るんでばっちり出汁も甘みも出ますから。

ちょっと塩気がすくなければ塩で調節するくらいです。

野菜は、にんじん、大根、ごぼう、ともに乱切りにして一晩水に浸します。
そうすることによって、灰汁抜きとみずみずしさが増します。

豆腐はもちろん、木綿ごしです。ちょっと大き目の3cm角くらいに切るのが我が家風です。

アナゴの蒲焼は、煮込むと崩れるから食べる前に2、3分煮るだけで大丈夫。

最後に餅です。餅は焼かずに煮ます。

元来、この地域の餅は石臼でつきますから水分の少な目の丸餅です。なので、煮ても型崩れしません。
軟らかく、食べやすい程度に汁とは別でお湯で煮てから、どんぶりで汁と合わせます。

因みに、関東風の角餅は煮たら型崩れするんで要注意。

どうじゃろう、マイちゃん分かった?



第13週「ふたり」 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2010/12/21 10:53



コメント
ありがとうございます
凄い良くわかった(o^o^o)昨日おばちゃんから材料が届いたから早速チャレンジしてみる(o>ω<o)
本当にありがとう(o>ω<o)
舞ちゃんへ
どういたしまして。
でも、舞ちゃん流の方が食べたいけどね。
雑煮
やっちゃんだけじゃそんな優しいこと言ってくれるんわたぁくんは絶対東京雑煮は食べてくれません(>_<)ありがと(o>ω<o)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。